30代専用の化粧品がある|ランキングでチェックしよう

ウーマン

こんなときは何科なの

目元

理解のある医療機関へ

女性のみなさんは、ほとんど毎日メイクをしていますよね。その普段のメイクによって、まつげは意外と痛めつけられているものだということをご存じでしょうか。まつげが異常な本数抜けたり、目の周りの皮膚が腫れていたり、ただれていたりする場合は、すぐに病院を受診しましょう。まずは、眼科を受診するのが良いですが、皮膚科や美容外科も受け入れが可能のところもあります。ですが、結膜炎や眼瞼炎などの可能性もありますので、そこを診てもらいましょう。最近では、まつげ育毛治療などに力を入れている医療機関もあります。必ず、美容などの原因でまつげが抜けてしまっていることを詳しく説明し、それを受け入れてくれる医療機関を探しましょう。

育毛治療

もし、まつげが抜けてしまうことで病院にかかるとしたら、病院選びは慎重にした方が良いでしょう。症状によっては、なるべく早く皮膚科や眼科などを受診してください。眼瞼炎という病気ですと、まぶたが炎症を起こします。根元付近で炎症がある場合は、眼瞼縁炎と呼ぶこともあり、これがまつげが抜けてしまう原因とも考えられます。原因がきちんと判明できたら、今度はまつげの育毛の相談をしてください。まつげの育毛に特化した病院であれば、まつげ専用の育毛剤や美容液を処方してくれるところもあります。処方まではしてくれなくても、オススメの化粧品を紹介してくれるところもあります。最近では、女性のまつげのトラブルが増えています。ご自宅近辺の医療機関を検索してみてくださいね。