30代専用の化粧品がある|ランキングでチェックしよう

ウーマン

ビマトプロストの効果

メイク

個人輸入で入手

一般的にまつげの寿命は、約2ヶ月となっています。生えてきてから1〜2ヶ月は成長を続け、その後寿命を迎えて抜け落ちていくのです。抜け落ちた後は、まつげの毛根は休眠期に入り、約2ヶ月かけて栄養分を蓄えて、再びまつげを生やすようになります。そして昨今では、まつげの成長期を長く、毛根の休眠期を短くする、ビマトプロストが配合された美容液が話題となっています。成長期が長ければ、まつげはそれだけ長く伸びますし、休眠期が短ければ、抜けてもスピーディに生えてくるのです。結果的にまつげを長く多くすることができるため、ビマトプロストの美容液は注目されています。しかしビマトプロストは、本来は緑内障の治療に使われている薬の成分です。しかも処方箋医薬品なので、これが配合されている美容液は、日本では市販されていません。しかし海外では販売されているので、入手するには個人輸入をすることが必要となります。

まぶたへの栄養供給

なぜ緑内障の治療薬で、まつげの成長期や毛根の休眠期が変化するのかというと、ビマトプロストに目の中の房水の流れを促す作用があるからです。房水は、栄養分を目に供給するために流れている液体で、緑内障はこの流れが滞るという病気です。そのためビマトプロストが配合されている点眼薬を目に使用すると、房水の流れが良くなることで、緑内障の進行を防ぎやすくなります。そしてこれをまぶたに塗ると、まぶたに多くの栄養分が運ばれてくるようになり、まつげの栄養状態が良くなるのです。その結果、成長期が長くなったり、休眠期が短くなったりするわけです。具体的には、使用を開始してから早ければ2週間ほどで効果が出てきます。2ヶ月ほど使用を続ければ、まつげの長さや量は、約2倍になります。